お買い物&お得情報

ブルーミーを始める時に持っておくと便利なアイテム【お花初心者向け】

ブルーミー開始前の準備物記事のアイキャッチ画像
  • お花初心者だけど、憧れのお花のある暮らしを始めてみたい
  • お花の定期便ブルーミーを申し込んだけど、何か準備しておくべきものはある?
  • せっかくのお花を長持ちさせたい

こんな風に思っている方、いませんか?

もえ

これはまさに私のことなんです!

ブルーミーを始めるまで、お花のある暮らしをしたことも無かったので、自宅にはもちろんお花に関するアイテムはゼロ;笑

お花に関する知識も無く、どんなアイテムを揃えればいいのかもわからなくて、検索してもなかなか出てこず…ちょっと困ったんですよね。

この記事では、お花のサブスクを開始する時に揃えておくと良いアイテムについて、紹介します。

この記事を読めば、お花のある暮らしを心配なくスタートさせることが出来ますし、せっかく届いたお花を綺麗に長持ちさせることが出来るようになりますよ♡

ブルーミーを始める時に持っておくと良いもの

ブルーミー(bloomee) を始める時に持っておくと良いアイテムは、以下の4つです。

花専用ハサミ

花用ハサミ

まずは、花専用のハサミを買っておくと良いです。

なぜ花専用のハサミが必要かというと、届いたお花の水揚げをするのに使うからです。

水揚げ(みずあげ)とは?

お花の茎を1~2㎝カットして、切り口を新しくすることです。

ブルーミーのお花の茎を切って水揚げをする様子

水揚げをすることで、茎が水を吸いやすくなるので、お花に水分が行きわたります。

もえ

水揚げは、最初だけではなく、お水を取り替える時にこまめに行うと良いですよ♡

普通のハサミでも代用できないことはないのですが、茎って結構硬いものもありますし、衛生面を考えても専用のものを使った方が良いです。

私も最初、普通のハサミで切っていたのですが…なかなか切れない茎も多かったので専用のものを購入しました。

ブルーミー茎を切る様子

やっぱり専用のハサミは、切れ味が段違い!

スパッと切れるので、お花のダメージも少なくて済みますし、お花がよくお水を吸ってくれるようになりました。

花瓶(フラワーベース)

お花を生けるための花瓶やフラワーベースも、あらかじめ準備しておきましょう。

ブルーミー体験プランとリッチプランの比較

花瓶については特に「これじゃなきゃいけない」というような決まりはないのですが、花瓶の入り口が狭すぎる一輪挿しのようなものだとブーケが入りきらないので、そこだけ注意すると良いですね。

もえ

花瓶を変えるだけで、同じお花でも雰囲気がガラッと変わります!

お気に入りの1つをずっと使うのも良いですが、何個か持っておくと、その時その時で雰囲気を変えられるので便利ですよ♡

花瓶を洗うブラシ

お花のある生活のために揃えた方が良い道具

花瓶は手洗いやスポンジ洗いだと、なかなか中まで綺麗に洗うことは難しいので、専用のブラシを買っておくと水替えの時もスムーズです。

花瓶を綺麗に洗わないと、雑菌が繁殖する恐れもあるので、清潔にしておきたいですね。

お花の栄養剤

お花の栄養剤や延命剤は、必須アイテムではありませんが、持っておくとお花が長持ちしやすくなります。

ブルーミーレギュラープランで届いたお花

ちなみに、お花のサブスク・ブルーミー(bloomee) では、毎回ブーケと一緒に栄養剤が入っています。

この栄養剤を最初に使うことで、お花も元気になってくれますよ。

水揚げをしっかりして、栄養剤を使ってあげると、届いた時には少ししおれて元気がないお花でも、こんなに元気にシャキッとしてくれます。

ブルーミーで水揚げをする前後のお花の様子の違い

初回分の栄養剤はちゃんと付いてきますが、2回目の水替え以降も栄養剤を入れてあげるとお花が長持ちしやすいので、あらかじめ準備しておくと心強いです。

お花用のアイテムの購入場所は

お花用のアイテム4つの購入場所について、紹介します。

花専用ハサミ

花専用ハサミは、お花屋さんで売られていることがほとんどです。

花用ハサミ

私は青山フラワーマーケットで購入しましたが、お近くに花屋さんが無かったりわざわざお花屋さんに寄るのがめんどくさいという方は、ネットで購入するのがおすすめです。

選ぶときは、錆びにくいフッ素樹脂加工がしてある、花専用のハサミを選びましょう。

人気の「ハンドクリエーション」のハサミは、グッドデザイン賞を受賞したデザイン性と機能性で、とても使いやすいと評判です。

全11色のカラーバリエーションがあるので、自分の好きなカラーが見つかります。

もえ

好きな色のハサミを、ぜひ選んでみてくださいね♡

花瓶(フラワーベース)

花瓶やフラワーベースは、プランによって最適な大きさが異なります。

プラン別おすすめ花瓶のサイズ
  • 体験プラン:3本以上のお花が届くため、両手の平に収まるくらいの小ぶりのサイズがおすすめ
  • レギュラープラン:4本以上のお花が届くので、体験プランと同じ花瓶でもOK
  • リッチプラン:8本以上のお花が届くので、挿し口が広めで、花瓶自体もどっしりとした重さのあるもの

私は、体験プランやレギュラープランの時は「AYA」のフラワーベースを使っています。

実際に使ってみると、このような感じになります。

体験プラン~レギュラープランまでは、この花瓶に入ります。

ブルーミーとチーズケーキ、紅茶でリラックスタイム

もっとお花の本数が多い時は、ダイソーで220円で購入した花瓶に入れています。

この花瓶は、リッチプランか、本数の多い時のレギュラープランには向きますが、体験プランには大きすぎて向いていません。

ダイソーで買った花瓶

実際に生けると、このような感じになります。

ブルーミーレギュラープランで届いたお花と一緒にお茶を楽しむ様子

この花瓶のように、100円ショップなどで購入することも出来ますが、在庫が無いことも多いんですよね…。

もえ

私はたまたま立ち寄ったダイソーで、ラスト1点だったものを購入出来ましたが、探し回るのが大変だという方はネットを見てみるのも良いと思います。

体験プラン~レギュラープランにおすすめの花瓶

本数少なめなプランにピッタリの花瓶を、いくつか載せておきます。

リッチプランにおすすめの花瓶

本数が多いプランにぴったりの花瓶を、いくつか紹介します。

もえ

ブルーミー(bloomee) を申し込む時に、一緒に花瓶を購入することも出来ますが、あまり種類が無くお値段も高いので、自分の好きなものを購入するのがおすすめです。

ちなみに、お花の本数にもよりますが、以下のもので代用しているという口コミもありました。

  • コップやグラス、マグカップ
  • ジュースやワインの空き瓶
  • ジャムの瓶
  • ペットボトル
  • 紅茶の缶

自分の好きな花瓶にお花を生けるのも楽しみの1つではありますが、お家にあるものを代わりに使うのも有りですよね。

花瓶を洗うブラシ

花瓶を洗うブラシは、私はダイソーで購入しましたが…正直、使いづらいです。笑

もえ

底の方の水垢がほとんど落ちないので、ちゃんとしたものを買えば良かったと後悔しています。

安物買いの銭失いにはならないように、お気を付けください!

無印のボトル洗いブラシは評価が良いので、私も購入予定です。

お花の栄養剤

お花のある生活のために揃えた方が良い道具

私はハサミと一緒に青山フラワーマーケットで購入しましたが、ネットでも購入することが出来ます。

この「キープフラワー」は、実際にお花屋さんでも使われていて、ブルーミーで入っていたこともあったのでおすすめです。

ブルーミーレギュラープランで届いたお花とサマーボックス
もえ

ボトルタイプもありますが、個包装の方が1回の使用量がわかりやすく、いつでもフレッシュな状態で使うことが出来ますよ♡

まとめ

お花のサブスク・ブルーミー(旧ブルーミーライフ) は特別な準備が無くても始めることが出来ますが、最初にあると便利なアイテムが4つあります。

【揃えておくと良いもの】
  • 花用ハサミ
  • 花瓶
  • 花瓶を洗うブラシ
  • 栄養剤(延命剤)
もえ

私は最初、花瓶だけ準備しておきましたが、結局その後バタバタと他の3つを買い足しました。

最初から揃えておくと、安心して慌てずにお花を楽しむことが出来ますよ♡

これからお花のある暮らしを始めようと思っている方に、この記事が少しでも役立てば嬉しいです。

クーポンコード欄に「OCT2021を入れると初回無料♡

お花の定期便bloomee(ブルーミー)情報総まとめ【初心者OK】 「日々の生活に癒しが欲しい」「丁寧な暮らしに憧れている」という方にオススメしたい、お花の定期便・ブルーミー(bloomee)。 ...
ABOUT ME
もえ
9歳年上の夫のことが大好きな兼業主婦OL。美容やファッション、自宅で出来る副業についての情報をお伝えします。 お得情報や日々のコーデなどはアメブロで毎日更新中!
あわせて読みたい